ともあっとの日常

育ちは大阪。
嫁いで神戸に来て20年。
未だ大阪と神戸を行ったり来たり。
それぞれの土地の違いを肌で感じ取って奔走中。
老後に京都に住めば関西三都物語制覇か!?(爆)!

今は昔、大阪駅での待ち合わせは「中央の噴水でね~」と言っていた昭和な最後の時を過ごした元大阪人。
神戸に嫁いでJRのホームでバシッと列を作って並んで電車待ちしてる人々を見て、妙な感心をしたものだった。
大阪の人ごみに「ほっ」とし、神戸の整然さに「ほっ」とし・・・
今じゃ立派な両県(府)人(笑)
こんな、どっちつかずな私んちで、どうぞお茶を濁していって下さいませ。

Ristorante Due

ミシュラン掲載店である
割烹イタリアン~Ristorante Due~さんへ
神戸・北野 山手幹線沿いにあるラ・ドルレイ神戸三宮ビル
(こちらのビルに入ってるお店って他のお店もすごいの 笑)

 

予約も取れにくく、やっとお伺い出来たのが週初めの月曜日(笑)

 

                                DSC_8335 DSC_8301

 

 コースメニューのみで。( お値段違いで3種ほどのコースがあります)

DSC_8302

 

 

1)聖護院カブラ ホタテ トリュフ (1)  聖護院カブラ ホタテ トリュフ

 

 

浜松産松葉蟹 バジルシード カリフラワー 2)浜松産松葉蟹 バジルシード カリフラワー (3)

 

 

3)サ・マーシュのパンとワイン (1) パンはサ・マーシュ https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/28027356/

から取り寄せで。

 

4)GV鮑 唐墨 蓮根 ホウレンソウ(ちぢみホウレンソウパウダー) (2) GV鮑 唐墨 蓮根 ホウレンソウ

 

 

高知産金目鯛 大根 燻製オイル   5)高知産金目鯛 大根 燻製オイル (2)

 

 

6)鳥取産5kgサワラ 発酵キャベツ タピオカ (3) 鳥取産5kgサワラ 発酵キャベツ タピオカ

 

 

タラ白子 ハリイカ 自家製唐墨 ピマン=デスペレット 7)パスタ・タラ白子 ハリイカ 自家製唐墨 ピマン=デスペレット (3)

 

 

 

8)鹿 アマゾンカカオ 黒ニンニク (1) 鹿 アマゾンカカオ 黒ニンニク

 

 

毛蟹 夢前無農薬米   9)リゾット・毛蟹 夢前無農薬米 (4)

 

 

10)ドルチェ・苺 抹茶 カルダモン カシューナッツ (2)    10)ドルチェ・苺 抹茶 カルダモン カシューナッツ (3)
苺 抹茶 カルダモン カシューナッツ

 

 

 

とまぁ一覧しても、、、、何がなんだか(笑)

上記メニューに出てくるGVという文字ですが、
「ガストロバック」という気圧と温度を自由に設定出来る真空鍋で調理される物。

[ガストロバック]
日本語でいうと、[減圧加熱調理器]
気圧という力から開放された食材は食材中に含まれている空気が膨張して、スポンジ状になります。
そして、そこに調味液が染み込んでいくわけですね。
しかも、減圧状態によって[水の沸点が下がる]ため、温度が低い状態での沸騰によって、「食材に高熱によるダメージを与えない」「調味液が沸騰することによって、食材に味が染み込みやすい」というメリットもあるわけです。
※富士山の頂上では気圧が低いため80℃くらいで水が沸騰するのは有名な話
つまり、「食感は生なのに、煮物のように調味料が染みこんだ食材」を作り出せる
ということです。
確かに、この調理法での鮑はコリコリと生の食感でありながら、しっかりお味が染み込んで。
だけど!!もう!それだけじゃないもん(笑)
他のお料理も今まで体感したことないような食感。見た目。お味。
あ、お味はしっかり元々の食材が感じられつつ、ほえ~~~~~(゚∀゚)と溜息出るような美味しさ

何なんでしょうねぇ、こちらの創作割烹イタリアン←勝手に命名(笑)
機会があれば、是非体感してみて下さい。

 

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)