Love神戸☆社長ブログ

Love神戸を運営する株式会社 be love company の代表 西洋子です。

神戸で生まれて神戸で育って、神戸が大好きな私。be love companyは、

ソーシャルメディア、企業研修、などで、お店、会社が繁栄するお手伝いをしています。


ブロガーによるイベント企画や、モニタリングもご相談くださいね。

あと、メルマガも発行しております。こちらから、お申込みください。

◆ビーラブカンパニーホームページはこちら

◆MG研修、TOC研修のインストラクターもしております。

社員研修に大変ご好評をいただいております。

詳細はこちら

◆プレミアムブロガー倶楽部

http://premium-blogger.com/
ご自身のお店や商品をブロガーに、ブログを書いてもらい応援してもらいたい方はこちら から音譜


◆日本ソーシャルリーダー協会代表理事もしております。
ソーシャルメディア、マーケティングを活用できる企業広報を育てる
ソーシャルリーダー養成講座を定期的に行っております。
http://www.social-leader.jp/
https://www.facebook.com/SocialLeaderKyoukai


2日間、TOC研修を実施しました。

TOC理論は、70年代前半、エリヤフ・M・ゴールドラット博士が、工場の生産性はボトルネック(制約)工程の能力以上は絶対に向上しない」という至極当たり前の原理を提唱したところから始まったもの。

それをソフトパワー研究所が、ダイスゲームを使用し、体験を通し学ぶ研修をつくられました。

ゲームは、楽しく、MGのような緊張感もなく進んでいきます。2日間で、5のシュミレーションを体験していきます。



私は、もう何度もしているのですが、毎回違う気づきがあります。



シュミレーションにより、在庫、利益が劇的に変わります。

外的要因は、変化の無い状態です。

シュミレーションも、若干、ルールが異なっており 今回も、すごく考えさせられました。

何よりも、現在状況をみんなで、把握して、みんなで、戦略を考えることができる状態をつくることが大事。

これが、果たして会社で、日常の中でできるか?

できる状況を意識することが、大切だと、思いました。

その後、会社に分かれて、業務フローを作成。



ボトルネックを見つけて、因果関係を紐解いていく。

非常にエネルギーを使う工程でしたが、やりきり感は、半端ないです。

あとは、行動あるのみです。

次回、ビーラブ主催のTOC研修は、11月14.15日に開催。

2018年1月18.19日には、TOCシニア、インストラクターの研修も、開催します。

詳細は、ビーラブドアキーパーで検索を。


コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



弊社のMG研修は、社員さんの参加が多いところが特徴です。

先日のMG研修も、 16名中、社員さんが、11名という状況。

この社員さんが、みな、積極的なんです。

もちろん、ビーラブカンパニーの社員も、最高です。

4.5月は特に、新入社員さんの参加も多いです。

1日目のこと、ある会社の新入社員さんが、帰り際に、「今日は、本当にありがとうございました!

懇親会行けなくてすみません。

明日もよろしくおねがいいたします。 」
と。。

笑顔で、わさわざ、挨拶に来られました。

そこの社長さんは、所用で、帰られた後です。

初参加で、決算も、最初、苦労されている様子だったので、大丈夫かな?
かと、思っていたので、その笑顔の印象が、強烈でした。

爽やかな風が吹いたような気持ちがしました。



社員さんが嫌がるから、MGを導入できない。

と、いう理由だけで、自分だけが、MGの期数をもくもくと増やされたり。

なぜか、社長と社員が一緒にMGをやらない方がいい、などという、噂が飛び交っていたりしますが、勿体無いと思うんです。

同じ体験を2日間することにより、コミュニケーションや、共通言語が深まります。

また、社員の前で、カッコ悪い自分を見せたくない。

という、社長さんも、いらっしゃいますが、カッコ悪い自分を見せれることが、本当にかっこいい事ではないかな?と、私は思います。

その方が、社員さんも、親近感を持ち、もっと協力したいと、感じていただけるのではないかな?

そんな風に思います。

いずれにしても、社員さんをバンバン、MGに出してくれる、ビーラブのお客様は、素晴らしい会社ばかりで、ビーラブは、恵まれているなぁ。

と、思うのです。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ゴールデンウィーク。

かなり、リフレッシュできました。

やっぱり、休まないとあきませんね。

京都にラフティングに行ったり、映画に行ったり、墓参りに行ったり。



ラフティングの家族写真が撮れてないんですよね。



ラフティングに行った帰りに、s1でお世話になっている、花たぬきさんへ行きました!

京都風お好み焼。

これがまた、九条ネギがたっぷりで、美味しかった!

オフの大切さを最近、つくづく感じています。

最近、私が、胃痛の話をフェイスブックにアップしたら、自然に触れることで、治ったと、アドバイスいただきました。

そのことで、自然を意識をするようになりました。

意識って、すごいですね。 風の香り、陽の光、鳥の声に反応するようになります。

企業の広報活動も、意識から始まります。

アウトプットするための、インプットです。

意識をすることで、感性が働きます。

感性は、習慣の積み重ねで、真似できないものに、なります。

習慣の積み重ねで、未来が変わります。


コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

私が、所属している、兵庫県中小企業家同友会。

そこで、私は、この4月から、県の広報委員長をさせていただいています。

約1600社の兵庫県の経営者が、経営について学んだり、交流したり。の会ですが、その中の約40名の理事でもあります。

このたび、その広報委員会が、初めて、オール兵庫という、兵庫県の経営者が一同に1000名ほど集うイベントで、1つの分科会を受け持つことになりました。

私たちが、作り上げる分科会は、新幹線の部品をるつくっている、アコウ機工の間鍋さんと、昔ながらの製法でこだわりの醤油をつくる、大徳醤油の浄慶さんのパネルディスカッションです。

コーディネイターは、前川企画印刷の西端さん。

先日、その1回目の会議が行われました。

いい会議ができました。



のっけから、伝説の分科会にしましょう!

と、西端さん。

こういうコミットメント。

すごく、いいですね。

エネルギーが、湧き上がってきます。

今回、この分科会のキャッチコピーを確定するためのミーティング。

キャッチコピーも、時間をとって、みんなで、考える。そして、全員が発表。



ミーティングを勉強の機会にする。

これは、広報委員会ならでは。

どうしても、会議は、発言する方の意見に、よってしまうことが、多くなりがち。

みんなが忌憚のない意見をだせる場ができたのも、嬉しいこと。

ザ同友会らしくない、コピーにしよう。

できあがった、コピーは、素晴らしいものでした。

同友会は、会員外の方の参加もオッケーです。

ご興味のある方は、兵庫同友会で、検索を。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

先日、遅ればせながら、新入社員の歓迎ランチ会を行いました。

お客様である、トンカツ武蔵さん。

本当によくしていただきました。

ありがたいことです。



記念写真です。



うちの素敵な新入社員ちゃんです。



ボリュームたっぷりのえび椎茸とヘレカツのセット、新メニューも、入れていただいています。

お腹いっぱいになりました。

こんな、素敵なお客様がいらっしゃるから、今のビーラブがあります。

夕方は、やんこちゃんに、やすみんとまいちゃんの1ヶ月の振り返りをしていただきました。

新人の教育に関しては、任せて欲しいと、やんこちゃんに言っていただき、順序だてて、仕事を覚えていただいています。

この1ヶ月、2人の感性は、本当におどろくばかり。

たくさんのものを私たちに与えてくれます。

特に、環境整備と発信の重要性に、驚いています。

明らかに、ビーラブが、変化してきている。

新しいエネルギーで、会社に風が吹く。

新卒採用の素晴らしさを心から感じています。


コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

金曜日は、マンダラセミナー。

本当に、よかったです。

マンダラ思考とは、9マスで、物事を考えていくという思考。

最近では、大谷翔平さんが、高校の時の、目標達成シートが、マンダラだったと話題になりました。

ちなみに、ネットで、紹介されていた、大谷翔平さんの目標設定シートは、こんな感じ。



私も、最近、いろいろとワークしてますが、マンダラで、図形に落とすと、発想も、早くできて、拡がるように思います。

今回、 本家本物、マンダラ開発者の息子さんである、松村社長をお招きしビーラブで、やんこちゃんとのコラボセミナーが実現しました。

これが、本当によかった。

今回、経営者がおおかったので、マンダラで、自社の経営力診断をおこなっていただいたり、かなり、オリジナルでセミナーを組み立てていただけました。



本物の方とつながることが、でき、本当ににありがたいこと。

そして、私たちの大切で、大好きな方々と、繋げることができた。

そして、自ら、こんなことしたい!

と、思い、いろんな交渉し、集客し、作り上げた社員のやんこちゃんには、感動だ。

皆の自己実現の場でありたい。

私が思う会社というものの概念です。

また、新しい1歩が出たと思いました。

インプットよりも、重要なのは、アウトプット。

アウトプットすることが、行入だと思うのです。

マンダラセミナーご興味のある方は、やんこちゃんが、毎月、マンダラセミナーを開催しますのでドアキーパーを確認してくださいね。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

4月24.25日は、s1サーバーグランプリの勉強会を開催しました

s1サーバーグランプリとは、飲食店の接客、サービスをするサーバーの日本一を決める大会です。

私は、その大会を運営する、NPO法人繁盛店の道の関西地区の本部長をしています。

今回の勉強会は、第10回s1サーバーグランプリの全国優勝の松村さんをお招きして、お話いただきました。

テーマは接客サービスの極意とその仕組み。



居酒屋の親父です。

講師業など、やってませんので、当たり前の話をさせていただきます。

と、言われていましたが、

その人にとっての当たり前は、他の人の大いに学びになる。

それは、素晴らしい取り組みをしてのこそ。。

絶好調の6つの徹底。

それは、絶好調の経営計画にしっかりと書いてあることがら。

書き込みがたくさんあり、ボロボロになった経営計画書を毎日、持っている。

と、言われていた松村さん。

経営計画は、こうあらねば。。

こうあるべきなのだ。。

と、実感した。

そして、微差の話。

微差を出さずにきちんと合わすことの大切さ。

微差の積み重ねが、ズレになる。

凡事徹底。

身が引き締まる思いがした。


コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

SNSを活用したいけど、どうすればいいのかわからない。

そんなご質問をよく受けます。

Facebook、インスタ、YouTubeなど、それぞれの本を買いあさったり、ネットで、情報を収集する、各セミナーを巡ると、いうような、独学で学ぶことも、もちろん、できます。

お金も、そんなにかからないでしょう。

が。。共に学ぶ仲間がいたら。

すぐに、質問できる、先生がいたら。。

そして、アウトプット、テストマーケティングできる、場所があれば。。

やはり、速度は、違います。

やはり、体験こそが、学べるのです。

体験しながら、学べる、ソーシャルリーダー養成講座。

その、第22期生の卒業式でした。



22回目。

年間3-4回の開催。

1回4時間の6回。2週間ごと。

継続こそ、力だと思っています。

少ないときは、受講生2名の時もありました。

でも、続けてきてよかった。

と、心から言えます。

誰に対しても、胸をはって、自信を持ってオススメできる、スクールだと思います。

これも、それも、スタッフのおかげです。

今では、ほとんど、私の手を離れ、企画、運営、受講生とのやりとりをやんここと、武田が、取り仕切ってやってくれます。

えいこ改め、けいこさんも、講師の1人として、活躍してくれています。

今回のメンバーも、最高でした。

戸惑いながら、会場を訪れるスタッフが、24時間の行程を終えると、晴れ晴れとした顔で、卒業を迎えます。

世界が変わった!

意識が変わった!

仕事が楽しくなった!

を経験し、トップが、会社が、いい変化を起こそうとしてると、感じます。

次回、ソーシャルリーダー養成講座は、5月開講。

気になる方は、ビーラブまで。



コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ソーシャルリーダー交流会ということで、先日グリーンヒルホテルにて、事例報告会が行われました。

素晴らしかったですね。

まさに、人材育成に繋がる、

人が成長する講座だと実感しました。



こんな感じで、研修は、少人数でじっくりと笑いと学びがてんこ盛りで行われています。

卒業生の声。

会社が楽しそうだねと言われる。

会社の成長、人の成長が会社の存続。

広告ではなく広報。

広告のような即効性はないが、リバウンドもない。

続けていくことで、必ず会社が変わる。

集客というよりも、お客様に自分たちの思いや、技術を伝えていきたい。

知らないから怖いから手をださない→知ってわかりだしたら、楽しくなる

など、たくさんの素晴らしい言葉をいただきました。

それを聞いて思ったこと。

私たちがソーシャルメディアで事例にならなければいけない。

と、いうこと。。

ソーシャルリーダー養成講座は、次回5月よりスタートです。

残席、多少あります。

詳細は、ビーラブまで、お気軽に。


コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

s1サーバーグランプリ全国大会に行ってきました。

s1サーバーグランプリとは、飲食店の接客サービスをする、サーバーの日本一を決める大会です。

私は、関西地区の地区本部長をしているのです。

関西地区大会を優勝されたのは、梅田の米門というお店の坂田和泉さん。

決めの細やかな接客で、姿勢も美しい、素敵な女性です。



関西地区から、前日入りした、関西かしまし娘。



全国大会。

全国11地区で、選ばれた、サーバーが一同で、見れる大会。

毎回、毎回、接客レベルと、表現力の向上は、目を見張ります。

印象的だったのは、企業表彰1位のダイヤモンドダイニングさんのプレゼンの中の、大会へのエントリーは、勝つために行っているのではない。

気づきを得るために行っている。ということ。

s1は、1年かけて行われる、人材育成プログラムなのだ。



懇親会で、審査員をされていた、リクルートの有木さんと話をした。

彼女は、わたしのホットペッパー時代の後輩で、久しぶりにお会いすることができた。

ホットペッパーで、お客様に、集客するためのお手伝いをしてきたが、ホットペッパーで、どうしても、できないことが、あった。

それは、人材の育成。

料理、価格、お店の雰囲気をホットペッパーで どのように伝えるかで、集客、売り上げが変わる。

私がいた時代では、格段に変わった。

が。。集客の話を突き詰めると、どうしても、人の問題になる。

人のエネルギー、モチベーション、思いは、人(お客様)を動かす。

お料理を。そして、美味しく頂く時間をプラスにもマイナスにも変えるのだ。


コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)